インプラント

HOME»  インプラント

インプラントとは

自分の歯を失ってしまった際、これまでは入れ歯で自分の歯を代用してきました。 近年では、入れ歯に代わる新しい治療法として、インプラントが注目されています。 インプラントとは、チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に固定させ、インプラントの上から人工の歯冠(クラウン)をかぶせて、人工的に歯を再生させる治療法です。 インプラントは顎の骨と結合し、しっかりと固定されるので、入れ歯のように外れたり合わなくなったりする心配がありません。

インプラントは自分の歯に変わって、長く働いてもらわなければなりません、 その為当院では国内で使用されている約90社から 厳選に厳選を重ねた末、インプラント発祥の地であるスウェーデンのアストラテックインプラントシステムを採用しています。

 

インプラントの目的と特徴

残った自分の歯を守る
インプラントの最大の目的は、残っている自分の歯を守る事です。 失った歯を放置していると残った歯に噛む力が集中し、歯の破折や動揺を招きやがては咬合崩壊に至り、総義歯へと進行していきます。
自分の歯と同じ感覚で食べられる
インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので、硬い食べ物なども自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。
審美性に優れ、見た目が自分の歯と遜色無い
入れ歯のように、歯を固定する金具が見えることはありませんので、見た目が自然で、お口の中が気になりません。
周りの歯を傷つけない
入れ歯やブリッジでは、周りの歯を使って人工歯を固定させるため、負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯を傷つけずに治療できます。
歯を失った部分の骨の顎が痩せない
歯を失った後そのままにしておくと、顎の骨に刺激が無くなり、次第に骨が痩せていってしまいます。
インプラントを埋入することで、噛む力を顎の骨に伝え、骨が痩せるのを防いでくれます。
PageTop